studio SARI 名古路英介 彫錫彩タンブラー
名古屋で制作されている名古路英介さんと新たにお取引させていただくこととなり、第一便の器が届きました。
名古路さんは木工が専門でご自身で木地を挽いていらっしゃいます。
ちなみに器以外にもテーブルや椅子と言った家具も制作されています。

こちらの彫錫彩シリーズはノミや彫刻刀で表面に彫り目をつけたのちに松炭で着色し、錫粉を蒔いたのちに黒漆を塗っています。
メタリックな錫の風合いと彫り目がとてもカッチョいいのです。
秋が深まってきましたのでこういった器でビールを飲むのも素敵ですね。
studio SARI 名古路英介 彫錫彩タンブラー_a0170337_17275618.jpg

サイズ:口径75mm、高さ99mm
価格:10500円(税込)


ちなみに名古路さんの略歴をホームページで拝見したところ、何と私と同じく元SE、しかも同じグループの会社、入社年度もたった1年違いでした。
そういわれるとカチッとした作品の雰囲気や、ピシっとした注文書・納品書、納品までのしっかりしたコミュニケーション、納品時に同封された丁寧な作品説明などなど、良い意味でのSEらしさを感じさせられ、なんだかとても懐かしい気持ちになりました。
荷物の緩衝材として使われていた新聞も日経新聞だし(笑)


品物についてのお問い合せはこちらへ
会津屋のトップページはこちらへ
 
by aizuyatokube | 2013-09-30 12:00
<< studio SARI 名古路... 梅原タツオ 黒ツバ玉形ビリカッ... >>