杉田明彦 桃椀 赤 本堅地
つい先日弟についてブログに書きましたが、本日より弟の作品を当店で取り扱うことにしました。
弟は2007年より輪島の赤木明登氏に師事し、4年間の修業、2年間のお礼奉公をもってこの4月に完全に独立します。
今回の帰省で作品を見せてもらいましたが、とても丁寧に塗れるようになったと思います。
漆の精製(なやし、くろめ)もきちんと自分で行い、自分好みの漆は自分で作っているとのこと。
作品名の桃椀は、椀の部分が桃のような形状をしていることからつけられました。
高台にも一つ特徴があり、持ちやすさを考慮して外側に向かって弧を描くように仕上げられています。
杉田明彦 桃椀 赤 本堅地_a0170337_23175721.jpg

杉田明彦 桃椀 赤 本堅地_a0170337_23202097.jpg

今、自宅に戻ってブログを書いているのですが、作品のサイズ等を持って帰ってくるのを忘れました。
明日追記致します。
→以下に記載します。(2013/1/23追記)
サイズ:口径126mm、高さ78mm
価格:14750円(税込)



品物についてのお問い合わせはこちらへ
会津屋のトップページはこちらへ
 
by aizuyatokube | 2013-01-22 23:35
<< 正面ウィンドウを変更。 またもや負傷 >>