梅原タツオ 朱丸形ノタ打ち桜印花
小学生の頃、まん丸に太っていた私についたあだ名は「スブタ」。
私の苗字「スギタ」と「ブタ」をかけ合わせてそのまんま「スブタ」。
子供とは時として非情なものでございます。


同じまん丸でも梅原さんの急須においてはお茶を美味しくする褒め言葉。
「ノタ」と呼ばれる朱泥を水で溶いたものを筆で表面にペタペタと打ちつけ、独特の柔らかい表情を生み出しています。
蓋の取っ手につけられた斜めの印花が可愛らしい急須です。
梅原タツオ 朱丸形ノタ打ち桜印花_a0170337_17405062.jpg

容量は急須七分目で270cc。
湯呑み2杯分です。
お値段は6930円(税込)です。


品物の詳細はこちらへ
会津屋のトップページはこちらへ
 
by aizuyatokube | 2012-03-15 12:00
<< 声をかけ合う 大迫友紀 銀彩片口(グリーン) >>