ガラスの修理
昨年初めてILE8ガラス(イレヤガラス)さんにお会いしたとき、頂いた資料に記載されていた「ガラスの修理」という文言がずっと気になっていました。
どこまで修復することが可能なのか、伺おうと思っていながらずっと失念。
今回のテーブルウェアフェスティバルでやっと聞くことができました。

口部のチップを削り磨いて再び使える状態にするのはもちろん、こちらのような背の高いビアグラスの上半分が損傷してしまったとしても下半分を切り取って器として復活させてくれるそうです。
また、余った大きめの破片は箸置きにしたりと。

このブログを書きながら、以前ILE8ガラスさんがおっしゃっていたことを思い出しました。
それは「経年変化を楽しめるグラスを作りたい」ということ。
ILE8ガラスさんが昔住んでいらした家に古いスリガラスの窓があったそうです。
あるときその1つが割れてしまって、同じスリガラスの新品をはめ込んだけれど何か違和感を感じる。
そこで気付いたのが、古いスリガラスの窓は何遍も人が触れ、雑巾で磨かれる中で表面がなめらかになり、なんとも言えない風合いが生み出されていたそうです。
ガラスの修復をされていらっしゃるのもそういった想いがあるからだと思います。

ガラスの修復のお値段ですが、口部のチップでだいたい1000円~2000円(送料別)、上記のビアグラスの下半分を切り取る場合で2000円~3000円(送料別)とことです。
当店でも受付を承っておりますのでお気軽にご相談ください。
個別にお見積もりさせて頂きます。
なお、お時間が最低でも2ヶ月はかかりますのでご了承ください。

a0170337_1675675.jpg

ILE8ガラス(イレヤガラス) 平切子ぐい呑み菊つなぎ(ブルー)
サイズは口径48mm、高さ70mm。
お値段は15750円(税込)です。


品物の詳細はこちらへ
会津屋のトップページはこちらへ
 
by aizuyatokube | 2012-02-14 00:00
<< 大迫友紀 ショットグラス(ブルー) あたたかいグラスたち >>