松徳硝子 うすはり大吟醸
小石川マルシェのワインバーでもう一つ使用したグラスがこちら「うすはり大吟醸」。
その名の通り元々は日本酒の大吟醸用として作られています。
芳香な大吟醸の香りを十分に味わうために、口をすぼんだ形にして香りを閉じ込め、スワリング(グラス内のお酒をくるくる回して香りをたたせること)し易いように下部に突起を設けています。
私も日々使用していて、昨日もこのグラスで広島の銘酒「竹鶴」を呑んでいました。

ワインに合わせるとしたらさわやかな酸味が特徴の白ワインがおすすめ。
口部がすぼんで少し羽反になっているこのグラスの場合、ワインを飲むときに顎を上げないと口に入りません。
するとワインが舌の上を直線的な流れで奥まで到達します。
そのため酸味に敏感な舌の両脇にダイレクトにワインが流れこまないため、酸味が強めの白ワインをまろやかに飲むことができるのです。
昨日の「うすはりボルドー」と一緒にぜひ飲み比べを楽しんで下さい。
松徳硝子 うすはり大吟醸_a0170337_20453166.jpg

サイズは口径54mm、高さ90mm、容量250cc。
お値段は木箱入りが2310円(税込)、木箱なしが1785円(税込)です。

現在ホームページ上では「在庫なし」になっておりますが、木箱なしの在庫はございますので個別にメールまたは電話でご連絡下さい。
品物詳細はこちらへ
AIZUYAのトップページはこちらへ
by aizuyatokube | 2011-11-17 00:00
<< ベニスサファイア リキュール 松徳硝子 うすはりボルドー >>