江戸切子 吾が盃
今日はちょっと体調を崩して入院している祖母のお見舞いへ。
今日はかなり調子が良くおしゃべりも健在。
しまいには「商人になんかお嫁にくるはずじゃなかったのよ~」とまで話しておりました(笑)
とにもかくにもここまで回復してくれて嬉しい限りです。


こちら当店と江東区の瀧澤硝子工芸、そして文京区観光協会の三者で文京土産として作り上げた「江戸切子 吾が盃」。
夏目漱石が旧本郷区(現文京区)に居を構えていたときに「吾輩は猫である」を執筆したことに因んで命名されました。
猫が魚と戯れる様子を切子で表現しています。
ガラスは「うすはり」で有名な松徳硝子製。
見た目だけでなく飲み口にもこだわっています。
ただいま記念品としてまとまった数をご注文いただき包装中。
無料でラッピング、のし紙を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。
江戸切子 吾が盃_a0170337_21125255.jpg


サイズは口径54mm、高さ97mm。
お値段は2950円(税込)です。
専用の桐箱入りです。

お買い物のお客様はこちらへ
AIZUYAのトップページはこちらへ
by aizuyatokube | 2011-09-05 00:00
<< 会津屋の歴史が記載された巻物 漆器覚帳 >>