梅原タツオ 黒落平丸形白印花急須
花火の季節です。
情報誌でも花火特集がたくさん組まれているのではないでしょうか。
以前友人たちと花火大会に行こうとなったときにこんな議論をしたことがあります。
 「混んでいるのはいやだよね~」
 「でもある程度は見ごたえが欲しいよね~」

たくさんの花火会場がある中でどこが一番効率的に楽しめるか。
そこで我々があみ出した単位が「人発(にんぱつ)」。
打ち上げ総数を来場者数で割って、一人当たりの発数を算出するのです。
例えば、
 ・10000発に対して10000人の来場者があれば1人発。
 ・5000発に対して2500人の来場者があれば2人発。
この計算だと後者の2人発の会場に行くことになります。

「凄い方程式を発見した!」と自信満々でとある花火会場に行きました。
ところが我々、木を見て森を見ずでございました。
あまりに人発に固執しすぎて、肝心の打ち上げ総数を完全に無視しておりました。
その結果、確かに空いてはいたのですがかなり小規模の大会に行ってしまいまして・・・。
同じ日に開催されていた数キロ先に輝く市川の花火大会が眩しく見えたのを覚えております。


さてさて話は変わりまして、ここところ以前にも増して梅原さんの急須が大人気。
梅原タツオ 黒落平丸形白印花急須_a0170337_12272227.jpg

梅原さんの急須の特徴はお茶を最大限美味しく頂けるように作られていること。
そしてもう一つの大きな特徴がモダンであるということです。
こちらの印花の急須など洋風なお部屋にもとてもマッチすると思います。

容量は急須七分目で260cc。
湯呑み2杯分です。

お買い物のお客様はこちらへ
AIZUYAのトップページはこちらへ
by aizuyatokube | 2011-07-23 00:00
<< 大迫友紀 おちょこ ILE8ガラス まゆぐい呑み(... >>