大迫友紀 しのぎロックグラス
鎬(しのぎ)紋様。
器の表面を縦に削り落とし、それを横に幾重にも連ねていく。
連ねた境界線が、刀の鎬に似ているのでそう呼ばれます。

激しい戦いを例えて「鎬を削る」と言いますが、これは「刀の鎬が削れるくらいに激しく斬り合う」ことに由来。
私も学生時代の剣道部、鎬を削って稽古しておりました。
でも合宿の時はもう一つ鎬を削るような大事なイベントが。

それは合宿最終日の打ち上げで催すダンス。
学年の男子全員裸になり女性下着を身につけてピンク・レディーのペッパー警部を踊る。
それはもう真剣勝負でございました。
想像して気持ち悪くなった方ごめんなさい。。。


前段が長くなりましたが要は大迫さんのしのぎロックグラスをご紹介したかっただけなのです、ハイ。
1線ずつ削り上げられた鎬紋様。
シャープな雰囲気を醸し出しています。
大迫友紀 しのぎロックグラス_a0170337_19551911.jpg

口径83mm、高さ77mm(手作りのためそれぞれ若干異なります)
お値段は6825円(税込)です。

お買い物のお客様はこちらへ
会津屋のトップページはこちらへ


by aizuyatokube | 2011-04-04 00:00
<< 大迫友紀 おちょこ(しのぎ) 梅原タツオ 黒泥浅平丸形ホワイ... >>