大迫友紀 タンブラー深々
知り合いのブログを読んでいて共感することがありました。
「夜が夜らしくなった。」
店の灯火が落とされ、ネオンも控えめ。
街が静かに優しくなった気がします。

昔友人からこんな話を聞きました。
世界の国際線パイロットの間で、夜のフライトにおいて一番美しく見える空港(都市)はどこか。
香港?ニューヨーク?、、、いいえ成田(東京)なんだそうです。
街がこれだけ超広域的に密集していて明かりを放っている都市は他に類がないとのこと。
今まで明るすぎたんですよね。

被災地の方には失礼かもしれませんが、我々は節電や支援をすると同時に、今のこの環境を味わうという心を持っても良いのではと思いました。


話は変わりまして、昨日に引き続き金沢の大迫友紀さんの作品「タンブラー深々」。
大迫友紀 タンブラー深々_a0170337_1334538.jpg

あえて荒く磨かれた表面、そして口部だけ再度焼き直すことによって生まれる上下のグラデーション。
このグラスも昨日と同様に温かみを感じさせるグラスです。

サイズはそれぞれ若干異なりますが、口径74mm、高さ125mm。
お値段は5250円(税込)です。

お買い物のお客様はこちらへ
会津屋のトップページはこちらへ


by aizuyatokube | 2011-03-29 00:00
<< 山内泰次 朱カップ 春爛漫 大迫友紀 ダイヤグラス >>